1位はセブン?見ると厭な気持ちになる鬱(うつ)映画洋画・邦画まとめ!

皆さんは、鬱(うつ)映画は好きですか?
ぼくは、すごく好きです。

モノ好きかもしれませんが、自ら進んで気持ちが暗くなるような映画を観ているきらいがあるくらいです。
鬱映画の代表的なものといえば、セブンやラース・フォン・トリアー監督の一連の作品、デヴィッド・クローネンバーグの作品など、いろいろありますが、鬱映画についてあまり知らない人のためにいろいろとまとめてみました。

といっても、ぼくの鬱映画ナンバー1は、やっぱりセブンですが。
皆さんのナンバー1は何ですか?

それでは、心に染みる鬱映画紹介始めたいと思います!

セブン(Se7en)(1995年)

【選者一言コメント】
知らない人はいないと言われるほどに有名な鬱映画の代表的な作品。
これは、作品世界が鬱なのではなく、衝撃のラストによって、視聴者を鬱々とさせた気分にさせられます。
でも、衝撃のオチばかりが言及されやすい映画ですが、ストーリー展開や作品世界の格好良さ、デヴィッド・フィンチャーのクールな映像など、繰り返しの視聴の価値がある映画です。

視聴可能なVOD
ツタヤディスカス
Amazonプライム

メランコリア(2011)

【選者一言コメント】
言わずと知れた鬱映画しか取らない男、といっても過言ではないラース・フォン・トリアー監督の渾身の、もとい、憂鬱の一作。
その名も直球でメランコリア。
ただ、精神科医の春日武彦さんによれば、ヒロインのキルスティン・ダンストは、医学的には神経症かパーソナリティ障害にしか見えないそうです。
ラース・フォン・トリアー監督自身も鬱病と言っているだけあって、監督自身の心に飲み込まれそうな鬱々とした雰囲気の映画作りはさすが。
また、この映画は鬱病の人を、ある種、前向きな捉え方をしているので、この辺りは人によってはすごく斬新に映ります。

視聴可能なVOD
ツタヤディスカス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です