虐殺器官を筆頭に面白いディストピア映画を挙げていく

まだまだ間に合う♪WOWOW限定!ツインピークス 新作!!

現在、あのカルトドラマ『ツインピークス』の新作が話題になってます!
ツインピークス The Returnは、今年2017年の管理人一押しドラマ!!
毎週、画面にかじりついて見てます(笑)
独特の世界観と先の読めない展開は、いままで誰も見たことがなかった映像体験になることでしょう。
ツインピークスシリーズが見れるのはWOWOWだけ!!
WOWOWは、パソコンやスマホから視聴でき、こちらなら見逃し配信もやっています。
ツインピークス The Returnは、12月24日までは見逃し配信しているので、今ならまだ間に合います!!
ぜひ、この感動を共有したいです!
前作『ツインピークス』を見たことない人も、見逃し配信で一緒に見ることができるので、こちらを見てから新作the returnを観ることも可能ですよ♪

【WOWOWの特徴】

ツインピークス The Returnが独占放送!!
WOWOWオンラインなら見逃し配信で、第一話から楽々視聴できる♪
スマホやパソコンからもツインピークス The Returnが見れちゃう♪
■申し込みからたった15分で視聴可能
■加入料・初期費用0円
ネットからならe割で2か月1800円‼→1000円お得♪
(通常は月々2300円かかる)
加入した月は無料♪
■最新映画やドラマ、アニメも楽しめる♪
■ボクシングやテニスなどスポーツが好きな人にもおすすめ!
■家族みんなで仲良く見れる♪

WOWOWオンラインでツインピークス The Returnを見る!!
http://www.wowow.co.jp/


意識高い系の予告↑


めちゃくちゃ格好いい予告↑

2017年2月3日に故伊藤計劃さんのディストピア小説『虐殺器官』も劇場公開されて話題になってます。

虐殺器官は、現在の世界情勢も盛り込まれた社会性が高い作品なので、エンターテイメントとしてだけでなく、教養としてもおすすめできる作品です。

今回は虐殺器官について解説しつつ、さらに虐殺器官のようなディストピアものについても併せて紹介していこうと思います。

虐殺器官のキャスト

@rico.1031が投稿した写真

今回、主演を務めるのは中村悠一さんと櫻井孝宏さん。
中村悠一さんはドリフターズの島津豊久を演じているし、櫻井孝宏さんも舟を編むで馬締光也を演じているし……2016年の活躍ぶりが凄かったです。
虐殺器官のキャストは、そう考えるとかなり豪華。

クラヴィス・シェパード役中村悠一

主人公であるクラヴィス・シェパードを演じるにあたって中村悠一さんが苦労したのは、キャラクターの感情表現だったそうです。

なにしろ、虐殺器官の世界では、軍人たちは感情をコントロールされた状態で戦場にいるわけですから、そもそも、従軍したことがない現代の日本人にとって戦場にいるという感覚自体が分からないわけです。

それは、中村さんだけでなく、軍人役を演じた他の声優さんたちも同じだとは思いますが、今回の演技は、未来の戦争を通して中村さんの演技の新境地が聞けます。

戦場のシーンは、歴代の戦争映画やアニメなどを参照するとして、そこに感情抑制という要素も入ってくるわけですから。
物語のなかでは、軍人が受ける感情抑制措置は、戦闘適応感情調整と呼ばれますが、恐怖心を取り去るために実際の戦争でも薬物を使うという事実もあります。

ジョン・ポール役櫻井孝宏

みなみさん(@saksak1225)が投稿した写真

虐殺器官の登場人物の中で一番ミステリアスな役がジョン・ポールです。
櫻井孝宏さんも、ジョン・ポールを演じる上で、かれの知性を越えることはできないことを認識した上で演じたようです。
でも、だからといって、自分を越える人間を演じることはできないというわけではありません。
櫻井さんは、想像力と芝居の中で他のキャラクターを利用しながら、ジョン・ポールを演じたそうです。

虐殺器官の見所の一つとして、中村悠一さん演じるクラヴィス・シェパードと櫻井孝宏さん演じるジョン・ポールとの対話があります。
虐殺器官は映像もハイレベルですが、声優さん同士のやはりハイレベルの演技のぶつかり合いがそれを盛り上げているわけですね。

ルツィア・シュクロウポヴァ役小林沙苗

虐殺器官の紅一点であるルツィア・シュクロウポヴァ役は小林沙苗さんです。

小林沙苗さんはルツィア・シュクロウポヴァのミステリアスさをハリウッド女優のルーニー・マーラを参考にして演じたのだとか。

ルーニー・マーラといえば、ドラゴンタトゥーの女のリズベット役で話題になった女優です。この人にはどこかミステリアスな面があるので参考にしたのは分かる気はします。

虐殺器官の監督は村瀬修功

虐殺器官の監督は村瀬修功さんです。
村瀬修功さんといえば、代表作としてはErgo ProxyやGANGSTAがあります。

虐殺器官は、本来、去年の段階で公開されていたはずでしたが、制作を担当していた会社が倒産したのもあって、世に出るまでに紆余曲折ありましたが、それをなんとか建て直して、映像にしてくれたことに感謝です。

村瀬修功監督によれば、虐殺器官の本質はミリタリー描写ではなく、クラヴィスの個人的な話の方なのだとか。
確かに、最初に虐殺器官に対して抱く印象は、ミリタリー要素が強い、だと思うのですが、ぼくも話が進むにつれて主題がミリタリーではなくなっていく感じがしました。

しかしながら、村瀬修功監督は、あえて、今回の虐殺器官を映像化するにあたって、ミリタリー要素の方を描くことにしています。それによって、映画でしか表現ができない虐殺器官になっているわけですね。

おすすめのディストピア映画

虐殺器官のようなディストピア映画に惹かれるという人におすすめしたい作品を紹介していきます。

ハーモニー(2016)

虐殺器官と同じく伊藤計劃さんの作品のアニメ映画化したものです。

ハーモニーは、虐殺器官の世界の延長上の未来が描かれた作品。虐殺器官の世界のその先にあるものが見たい人には非常におすすめです。

ハーモニーでは、人々の体内に健康状態を監視する分子機械が注入された世界の話です。
この分子機械のおかげで、そこは病気がほとんどなく、肉体的にも精神的にも幸福なユートピアであるはずなのですが……。
ある日、そんな世界で六千人という大量の人間が一斉自殺する事件が起こります。
また、社会が!人々の健康を維持しようとするのは、人それぞれの体が、一人ひとりの所有物ではなく、社会全体にとって有用なリソースだったからなのです。

ハーモニーが視聴できるサービス
TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV

1984

ディストピア好きの中では知らない人はいないだろうジョージ・オーウェルの1984年を、この小説が発表された7年後に映画化したものです。

個人的にいま一番リメイクして欲しい映画の一つ。
こちらの1984は、物語をほとんど省略することなく上手くまとめています。
残念ながら、SF好きがときめかずにはいられない二重思考やプロールなどの単語の説明は映画内ではされず、過去改編の恐怖も強調されてないです。

しかし、1984は、第二次世界大戦の生々しい傷痕が残るロンドンで撮影されたため、ジョージ・オーウェルの作品の雰囲気に近いです。
ディストピア好き必見の映画ですね。

1984が視聴できるサービス
TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV

バトル・ロワイアル

中学生同士の殺し合いが話題になった問題作ですが、実はこの映画もディストピアものです。

そもそも、中学生が孤島に閉じ込められて殺し合うという設定自体、ディストピア的な世界観でないと成立しませんよね。

深作欣二監督の遺作であり問題作中の問題作。
一見の価値ありです。

バトル・ロワイアルが視聴できるサービス
TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
Hulu

THX-1138

THX-1138は、なんとスター・ウォーズのジョージ・ルーカス監督が描くディストピア。

THX-1138は、主人公の名前。
感情抑制剤を飲み、飾りのない服を着た坊主頭(女性も!)が、白い都市のなにもない部屋で暮らしています。
この世界では、人はただ働き、消費して社会を支えるだけの存在に過ぎません。
とはいえ、ジョージ・ルーカスが監督しているだけあって、話自体は起承転結、見せ場もあって明快で分かりやすいです。

でも、ジョージ・ルーカスってこういう映画も撮るのって意外かも。ルーカスのディストピアご見たい人におすすめな映画です。

未来世紀ブラジル

ディストピアといえば、テリー・ギリアム監督の未来世紀ブラジルを外すわけにはいきません。

未来世紀ブラジルの世界観は、国民情報が
徹底的に管理された二十世紀の世界です。
テリー・ギリアム監督が表現する未来像は、アナログかつレトロではあるものの、間違った情報が独り歩きすることで人生が破壊される社会の恐怖は、インターネットが発達した現在こそ身近に感じさせます。

テリー・ギリアム監督の先見性を感じるカルトな一作です。

一刻も早く映像化が求められるディストピア小説・漫画

ここからは、まだ映像化されていないけれど、とても面白くて、一刻も早く映像化してほしいディストピア小説・漫画を紹介します。

横浜駅SF

横浜駅SFは、かなりぶっ飛んだ設定のSF。

改築工事を繰り返す横浜駅が、ついに自己増殖を開始します!
それから数百年の間、JR北日本・JR福岡の2社が独自技術で防衛戦を続けるが、日本は本州の99%が横浜駅化してしまいました。

体内に埋め込まれたSuikaで、人間が管理されるエキナカ社会というディストピア。
外側で暮らす青年ヒロトは、ある男から『18きっぷ』と使命を託されます。
はたして、横浜駅には何があるのでしょうか。
ヒロトの、人類の未来を懸けた、横浜駅構内5日間、400キロの旅が始まります。

もっと詳しく知りたい人は、こちらの記事も読んでみてください。

柞刈湯葉の『横浜駅SF』が爆笑すぎる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です