dTVはVOD業界最安の動画配信サービスだった!そのメリットを徹底解説してみる

今回はdTVについて紹介します。
dTVは、大人気のVODとて、国内でも453万人(2015年8月時点)の人が利用しており、また、更に利用者が増え続けているサービスです。

★邦画
【dTVの特徴】

おそ松さん第二期を放送終了後わずか10時間後に見逃し配信!!
・『君の名は。』のレンタル配信!!
・会員登録した人は、初回31日間は無料
・映画・ドラマ・アニメ・音楽など、18ジャンル約12万コンテンツが楽しめる
月額500円(税抜)とVOD業界最安!
・作品数・会員数No.1の映像配信サービス。
・テレビ、パソコン、スマホ、タブレットなど、様々なデバイスで契約後すぐに視聴できる!
・ドコモ以外のユーザーも利用できる!
・日本のオリジナルコンテンツが充実
(ゴッドタン、闇金ウシジマくんなど)
・VRで迫力の映像体験ができる
・ガールズchが見れる
(ファッションやヘアメイク、ゴシップなど女性向けエンタメが充実)
・海外の人気ドラマ・映画も視聴できる
(ウォーキング・デッドやボーン・シリーズも見れる)
・音楽コンテンツも充実
(三代目J Soul Brothers、AAA、BIGBANGなど人気アーティストのライブ映像やミュージックビデオを配信中、ライブの生配信やカラオケもあり)
・会員限定のお得な特典も満載
(最新映画のオンライン試写、オリジナルグッズのプレゼント、dTVプレミアムイベントへの招待)

dTVの公式サイトはこちら↓
https://www.nttdocomo.co.jp/service/dmarket/video_store/

dTVとは

まず、人気のVOD『dTV』とは何なのか、を解説します。
dTVのサービス運営をしているのは、NTTドコモと、音楽・映像関連ビジネスを行っているエイベックス・グループです。

実は、日本最大の映像配信サービス会社が、携帯電話事業者と一緒に組んで提供していることは、世界的には特殊です。
また、dTVの元になったVODは、BeeTVという2009年5月に発表したサービスです。
そんなdTVは、VODの最大手の一つとなっております。

dTVの料金を他社VODと比較

まず、VODを利用するなら、料金はできるだけ安いものが良いですよね。
というわけで、dTVと、他のVODの料金を比較してみます。

【dTVとほかのVODの料金比較表】

VODサービス名料金(月額)特典
U-NEXT税抜1990円(税込2149円)会員登録から31日間無料
Hulu税抜933円(税込1007円)会員登録から2週間無料
Netflixベーシック:税抜650円(税込702円)
スタンダード:税抜950円(税込1026円)
プレミアム:税抜1450円(税込1566円)
入会から一か月無料
TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV・定額レンタル8(新作、準新作のDVD・Blu-ray、CDは8枚+旧作は借り放題):税抜1865円(税込2014円)
・動画見放題!オンライン動画配信:税抜933円(税込1008円)
・定額レンタル8&動画見放題:税抜2417円(税込2610円)
※料金はすべて税抜き
入会から30日間無料
dTV月額540円(税込)会員登録から31日間無料
WOWOW月額2484円(税込)インターネット申し込みなら、加入開始月から最大2カ月1944円(税込)

↑の表を見るとわかりますが、dTVは、VODとしてはトップクラスに料金が低いです。
ただし、dTVは、見放題作品と、その都度、レンタルには追加料金が必要になる作品もあります。
なので、シンプルに月額料金のみで、すべてのコンテンツが見放題の方がいいという人は、Huluの方がいいかもしれません。

dTVの動画数はどれくらいか?

dTVは、他のVODと比較すると破格の月額料金で、映画やドラマなどのコンテンツが楽しめます。
ですが、配信されている作品の数は、どうなのでしょうか。
気になったので、配信作品数を他のVODと比較してみました。

【dTVと他のVODの配信作品数の比較表】

VODサービス名作品数
U-NEXT120000本以上、そのうち20000本以上が見放題
Hulu10000本以上、全て見放題
Netflix2000~3000本
TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV【DVD・Blu-rayの場合】
洋画:4000本以上
アジア:8500本以上
国内TV:8000本以上
海外TV:7500本以上
邦画:3500本以上
アニメ:28000本以上
アダルト:16000本以上
【オンライン動画配信サービスの場合】
85000本
dTV・約120000本
・約23000タイトル

dTVと各VODの配信作品数を比較してみると、dTVの配信数はトップクラスであると言えます。
ただし、dTVは、やはり料金が安いというのもあって、あまり人気というかメジャーな映画やドラマは少ない印象を受けました。

なんというか、こちらから積極的に見たくなるようなコンテンツは、あまりないというか……
あくまで、人気の映画やドラマが見たい人は、U-NEXTやHuluなどを契約した方がいいかもしれないですね。

dTVはアダルトコンテンツは見れるのか

【アダルトコンテンツが視聴可能なVOD一覧】

VODサービス名アダルトコンテンツ
U-NEXTあり
Huluなし
Netflixなし
TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVあり
dTVなし

dTVは、アダルトコンテンツは見ることはできません。
もし、映画を観る以外にエッチなコンテンツも楽しみたいのであれば、U-NEXTやTSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVを利用するのが良いかと思います。

特に、TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVは、U-NEXTよりもアダルトコンテンツの数が多いので、よりたくさんのエッチな動画を楽しみたい人は、こちらもおすすめです。

【U-NEXTとTSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVのアダルトコンテンツの比較表】

VOD視聴可能動画数別途課金作品
U-NEXT1000本以上と少ないあり
TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV約2000本
※月額見放題フル(R18)なら、約50000本
あり

dTV独自のコンテンツはあるのか

Huluが海外ドラマが強かったり、U-NEXTが雑誌を読んだりすることができるように、dTV独自の強みみたいなものがあるのでしょうか。

とりあえず、月額料金がどこよりも安いので、安く動画を楽しみたい人には、悪くないコンテンツではあります。
また、dTVは、日本のコンテンツについては強い印象があります。
たとえば、dTVは以下のコンテンツを楽しむことが可能です。

【dTVの配信コンテンツ】

・ゴッドタン
・闇金ウシジマくんの一部のエピソード
・ガールズch(内容はファッション、ヘアメイク、ゴシップなど)
・音楽コンテンツ(三代目J Soul Brothers、AAA、BIGBANGなど人気のアーティストのライブ映像やミュージックビデオ、ライブ生配信などが)

dTVは、日本のコンテンツが充実しているので、海外コンテンツよりも日本の芸能人やアーティストが活躍する番組を見ることが多い人は、こちらを選ぶのも良いでしょう。

dTVは対応端末が少ないかも

dTVを利用するにあたり、ちょっとガッカリしたところは、対応端末が意外と少ないところです。

dTVの対応端末は以下の通り。

【dTVの対応端末とほかのVODの対応端末の比較表】

VODサービス名対応端末
U-NEXT・PC
・TV
・光BOX
・iOS端末
・Android端末
・Apple TV
・Chromecast
・Fire TV Stick
・PlayStation®Vitaなど
Hulu・PC
・TV
・光BOX
・iOS端末
・Android端末
・Apple TV
・Chromecast
・Fire TV Stick
・Nexus Player
・PlayStation®3
・PlayStation®Vita
・PlayStation®4
・ニンテンドー3DS
・Wii
・Wii U
・Xbox360
Netflix・PC
・TV
・光BOX
・iOS端末
・Android端末
・Apple TV
・Chromecast
・Amazon Fire
・PlayStation®3
・PlayStation®Vita
・PlayStation®4
・Wii U
・Xbox360
・Xbox One
TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV・PC
・TV
・スマートフォン
(Android OS、iOS 6.0以上)
dTV・PC
・TV
・スマートフォン
・タブレット

一応、dTVは、テレビも対応端末として記載されてはいますが、ほとんどの液晶テレビは不可能です。
他のVODと比較すると、対応テレビが少なく、東芝のレグザやパナソニックのピエラ、それから、ソニーのブラビアなど、限られたメーカーの製品のみです。

なので、dTVを契約している人で、テレビで視聴することを期待している人は、自分のテレビがdTVに対応しているかどうか、きちんと前もって調べておくのが良いと思います。
インターネット対応なら、必ず、dTVが楽しめるというわけではありません。

また、残念がら、ゲーム機についても、dTVは視聴できないので、これについても注意が必要です。

dTVの推奨ブラウザ

dTVの推奨ブラウザは以下の通りです。

【dTVの推奨ブラウザ】

・Chrome 54.0以上(Windows / Mac)
・Firefox 42.0以上(Windows / Mac)
・Internet Explorer 11(Windows)
・Edge 25.1以上(Windows)

昔は、Google Chromeで見ることができなかったので、すごく不便を感じていました。
Internet Explorerは、ぼく個人としては起動が遅く感じられますし……。
でも、2017年5月現在は、Google Chromeも利用ができていて、とても便利です。

なぜ、NTTドコモはVODに取り組むことにしたのか

なぜ、携帯電話事業者であるNTTドコモが、VODに取り組むことになったのでしょうか。

それは、NTTドコモの本業である通信回線事業の高速化ご可能となり、NTTドコモの出資事業だった映像制作事業も拡大したからです。

それまでは、回線速度が遅くて、VODを提供することは難しかったのですが、FOMAが定着し、インフラ面でも問題がなくなったため、エイベックス・グループと共に取り組むかたちになったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)