大阪二児放置死事件とそれがモデルとなった映画『子宮に沈める』の違い・感想・評価など

海外ドラマが充実!Hulu


【Huluを選ぶメリット】

■大人気の海外ドラマが超充実している!しかも、他のVODよりも新エピソードが早い!
『ウォーキング・デッド』シーズン8!!
10/23(月)22時からHuluのFOXチャンネルにて日本最速リアルタイム配信決定!

・フィアー・ザ・ウォーキング・デッド
・ゲーム・オブ・スローンズ
・ウェスト・ワールド
・クリミナル・マインド
・THE MENTALIST/メンタリスト
・SHERLOCK/シャーロック
■実は日本のコンテンツも充実♪
佐々木希がセックス依存症の役?!『雨が降ると君は優しい』が見られるのはHuluだけ!
・過保護のカホコ
・ウチの夫は仕事ができない
・愛してたって、秘密はある。
■パソコン、スマホ、タブレットなどいろいろで見られる
■無料期間14日なので、自分に合うかどうか試せる♪
■他のVODよりも無料期間は短いけど、やっぱり、最後に選ぶのはHulu♪
■月額933円で、楽しい映画が見放題なので、DVDレンタルするより断然お得!!

Huluの詳細はコチラ
http://www.hulu.jp/


ひどく悲しい映画を観ました。
映画のタイトルは『子宮に沈める』。
2013年製作の日本映画です。

子宮に沈めるのあらすじ

子宮に沈める、は母親として、その重責に耐えられなくなったシングルマザーが、とうとう、彼女の二人の子供を見殺しにするまでの経過がリアルに描かれます。

離婚によって、仕事や家事、それから、まだ幼い子供二人の世話によって、忙殺された新生活が、取り返しのつかない悲劇的な結末に向かって雪崩れ落ちていくのです。

子宮に沈める、の元ネタは大阪二児放置死事件

子宮に沈める、は2010年に起こった大阪二児放置死事件、またの名前は、大阪二児置き去り死事件がモデルとなっています。

大阪二児放置死事件は、母親の育児放棄によって、3歳の女児と1歳9か月の男児が、餓死した事件です。

【若干ネタバレあり!】子宮に沈める、と大阪二児放置死事件との違い

実際の事件の顛末については、他のサイトでも書かれているので割愛します。

ここでは、子宮に沈める、と大阪二児放置死事件の違いについてお話したいと思います。映画と実際の事件では、かなり大きな部分が異なっています。

映画では最初は良妻として描かれている

映画『子宮に沈める』は、夫と子供のために手料理をつくり、きちんと家事をこなしていた若い母親の姿を映しています。
そのため、仕事が口実で家に寄り付かなくなった夫と離婚し、シングルマザーとなった彼女は子供を引き取って一生懸命に世話をしています。
最初は、就職口を探すために資格を取ろうとしますが、あまり良くない友人に誘われるまま、水商売をやり始めるのです。
その後、どんどん子供の面倒を見なくなり、やがて、男を家に連れ込むようになります。

実際は最初から母親が酷い人

しかし、実際の大阪二児放置死事件のきっかけは違います。
そもそも、離婚の原因は母親の浮気で、さらに育児放棄は離婚の直後から始まっていました。
そして、事件現場となったマンションに引っ越すときには、すでに子供たちは満足に食事ももらえず、風呂にも入れていませんでした。

母親はファッションヘルスで働き、ホストクラブに嵌まり、しょっちゅう遊びに出かけていて、部屋に戻るのは、子供にコンビニで買った食料を渡すため、でした。

映画『子宮に沈める』では、母親に置き去りにされた子供たちが、粉ミルクを奪い合うように飲んだり、マヨネーズをそのまま口にしたりしながら、姉が飢えを凌ぐ様子が映されます。

娘の幸ちゃんが、お母さんが帰ってくるんじゃないか、とずっと真夜中、ドアの前に立っているところを見ていると、涙が出てきます。。。
本当に悲しいこと、というのは、尊いものが為すすべもなく失われるということではないでしょうか。

ですが、事実はもっと過酷だったのです。

母親は、居間のドアをガムテープで開かないようにしていたので、子供たちは、キッチンにも行けず、トイレにも行けない状態でした。

大阪府警の捜査員の話によれば、冷蔵庫には姉弟の指紋がたくさんついていて、二人は目につく調味料で飢えをしのぎ、冷蔵庫の霜まで舐めていたのです。
それところか、互いの汗を舐め、おしっこを飲み、うんちを食べて、母親が一月から出していなかったゴミを漁って、その中にあった食べかすまで口にしていました。

姉はそれが原因で食中毒となり死亡し、弟はその毒素が含まれた姉のうんちを食べて、姉が死亡した、そのすぐあとに死亡したのです。

しかも、母親は、そんな姉弟の遺体を見つけたものの、そのまま放置して外に遊びに行き、SNSに楽しいと書き込み、知人男性と夜景を見に出かけてホテルでセックスしていたのだとか。

ただ、この大阪二児放置死事件は、母親の良識の無さだけを取り上げるのではなく、母親以外の要因(たとえば、こうなるまで気づかなった周囲の環境の問題や父親の問題)などについても考えるべきで、そうでなければ、『子宮に沈める』という映画自体の本質を見誤ってしまうことになるでしょう。

映画『子宮に沈める』で、緒方貴臣監督が描きたかったのは、育児放棄やネグレクトをする酷い母親ではないからです。

子宮に沈めるのスタッフ・キャスト

監督緒方貴臣
キャスト伊澤恵美子
土屋希乃
土屋瑛輝
辰巳蒼生
仁科百華

キャストは、みな、それほど有名な人たちではないのですが、監督の緒方貴臣さんの『終わらない青』や『体温』は、やはり、独特かつ深刻なテーマを扱っており、一見の価値があると思います。

子宮に沈める、の感想・評価

『子宮に沈める』は、母親が育児を放棄して、その結果として、二人の可愛いわが子を見殺しにしてしまう悲しい事件についての映画です。

モデルとなった大阪二児放置死事件は、当時、話題になりましたが、そのときに、母親が風俗で働いていた、とかホストクラブに通っていたとか、そのあたりばかりが言及されていました。

けれど、当たり前のことなんですが、このような状況になるまで気付かなかった周囲についても責任を追及されなければいけないし、別れた父親の方だって、子供を一人で育てている母親のことをもっと気にかけてあげられなかったのか、という疑問が出てきます。

この辺りは、すでにいろいろと言われていることなので、もうこれ以上、ぼくは言いません。

ぼくは、この映画について、まったく別の感想をもっています。

ぼくは、この『子宮に沈める』という映画を観て、これは、ぼくの話でもあると思いました。
とは言っても、ぼくは女性ではないし、母親でもないし、ましてや、こんな風に子供を放置したことも、されたこともありません。

けれど、それでも、これは、ぼくの話だと思ったのです。
なぜなら、子供を育てることの大変さが分かるからです。

ぼくは、子供が一人いて、父親として育児に参加しています。

きちんと面倒も見ていますが、それでも、「仕事で疲れているんだから、休日ぐらいはゆっくりさせてくれよ」とか「土日ぐらいは、自分の好きなことをさせてくれ」とか思うし、それを口に出してしまうこともあります。

そして、育児をする嫁と子供を置いて、1、2時間だけ一人で外出して、外の空気を吸って、ぼーっとすることもあります。

もちろん、一日中、外出したり、ほったらかしにしたりすることはないのですが、それでも、「自分だけの時間が欲しい」とか「自分だって幸せになる権利がある」とか思う気持ちは、育児を放棄する母親の気持ちと根っこのところは同じなんじゃないかと感じるんですね。

だからと言って、子供を実際に何日間も食べ物をあげずに放置するなんて残酷なことをできる人間は、とても正気の沙汰じゃない、と思います。
そんな酷いこと、ぼくにはできません。
でも、もし、めぐりあわせが悪かったら、こんな風に子供を放置して見殺しにしてしまうような人間になってしまっていたかも……と思うこともあるんですよね。

ぼくは、たまたま、人間的にできた妻がいて、二人でしっかり子育てをできる環境だから良いけれど、これが一人ぼっちで子育てをすることになったら……?

育児ってすごく大変です。
ときどき、すべて放り出しだり、投げだしたりしてしまいたくなるくらいに。

子供を育てる、ということは、まだ、子供を持ったことがない人にとって想像もつかないほどの犠牲を親に要求してきます。

子供はとっても可愛いです。
けれど、子供はときに悪魔のようにも見えます。

忙しいときも、具合の悪いときも、平然と自分の要求だけをしてきますので。

育児は、得るものもありますが、奪われるものも凄く大きいです。
そういう意味で、子供を持つ親たちは、子供を持たない大人たちが享受している権利を諦めねばなりません。

大好きな飲み会に参加する頻度が減るでしょう。
友だちと遊びに行く機会が減るでしょう。
趣味に費やせる時間もなくなるでしょう。
夢がある人は、その夢をかなえるための努力をする時間を奪われます。

親は、子供がいないときに楽しんでいたことを諦めなければいけません。
それが娯楽であろうと、恋愛だろうと、夢であろうと。

『子宮に沈める』で子供を見殺しにした母親は、子供と自分の生きがいを秤にかけて、生きがいを取りましたが、多くの正常と呼ばれる親は、そこで子供を選ぶことができます。
それは、一見当たり前のようでいて、実は、とっても凄いことなんじゃないかとぼくは思います。

でも、子供と自分の生きがい、いつでも、子供を選ぶことってできるものなのでしょうか。

きっと、ぼくは、10回中9回は子供を選べても、最後の1回は生きがいを選んでしまう人間です。
正直、いつも、子供を選ぶことはできないと思うんです。

だからこそ、『子宮に沈める』は、ぼくにとって他人事には思えませんでした。
ぼくという人間には、自分の生きがいを優先しようとする強烈なエゴがあって、それは決して、捨て去ることができないものなのです。
それを捨ててしまったら、ぼくではなくなるから。

ぼくは、そのエゴと子育てを両立させながら、いま、無事に家族そろって健やかに生きていられることを、とても幸福であると感じています。

映画の最後で、子供の遺体を洗濯機に入れて蛆をとったり、幸ちゃんを溺死させたあの母親は何を考えていたのでしょうか。

観ていると辛い映画ではありますが、こういう映画を観ると、育児について自分の親としての在り方を見つめなおすきっかけになりますし、映画を観る前よりも、ずっと深く、子供を愛してあげられるようになるのではないでしょうか。

子宮に沈める、は、TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVで見ることができます。

TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVなら動画も見れる!ツタヤの動画配信サービスを他社比較してみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です