クリス・パインとジェフ・ブリッジス共演の映画『最後の追跡』は現代の西部劇!

Netflixで、すごい映画を発掘しました。
その名も最後の追跡。

銀行強盗を繰り返す兄弟と、それを追うテキサス・レンジャーの話です。
あらすじとしては地味なんですが、主演が豪華なのと、脚本が上手いので最後まで時間を気にせずイッキ見させてくれます。

最後の追跡の主演キャスト

最後の追跡のキャストは何気に豪華です。

トビー役はクリス・パイン

銀行強盗兄弟の弟の方はなんと、クリス・パイン❗
クリス・パインといえば、スタートレックのカーク船長ですよね。

今回のクリス・パインは、カーク船長のような英雄って感じではなく、頭が切れて、荒っぽいこともできるが、そんなかれよりもさらに荒っぽくて、無鉄砲な兄貴に悩まされる弟の役回りです。

タナー役はベン・フォスター

頭がよく銀行強盗のプランも綿密につくる弟に比べて、刑務所帰りのタナーは、拳銃やライフルの扱いには長けているが、何をしでかすか分からない危険なところを持っています。

そんなタナーを演じるのはベン・フォスター。
ベン・フォスターと言えば、最近はインフェルノや疑惑のチャンピオンなどの話題作に出演しています。

マーカス役はジェフ・ブリッジス

Must Actさん(@must_act)が投稿した写真

テキサス・レンジャーのマーカスの役はジェフ・ブリッジスです。

マーカスは長年の勘を駆使して、強盗犯の行動を巧みに読んで、強盗犯兄弟のクリスとベンに迫っていきます。

ジェフ・ブリッジス好きには後半でかれの遠距離狙撃のシーンもあるのでおすすめです。

しかし、ジェフ・ブリッジスといえば、マイケル・チミノのサンダーボルト(1974)で、銀行強盗の役を演じていましたが、いまは逆に彼らを追い詰める役回りです。

時代と立場というのは、どんどん移り変わっていくものなのですね。。。

最後の追跡の脚本はテイラー・シェリダン

最後の追跡の脚本を書いたのはテイラー・シェリダンです。

テイラー・シェリダンと言えば、人気ドラマの
サン・オブ・アナーキーなどで俳優として活躍していた人ですが、脚本家としても抜群の才能を持つことが、最後の追跡から伝わってきます。

監督はデヴィッド・マッケンジー

デヴィッド・マッケンジーは、日本では刑務所ドラマ『名もなき、塀の中の王』(2013)が有名。

最後の追跡をみて、デヴィッド・マッケンジー監督の次回作がめちゃくちゃ楽しみになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)